初心者向け 戦士取扱ガイド(ver4.2)



DQ10で戦士は、
依然として最優秀クラスの
性能を持っているため
使う人は多いです。

そんな状態なので、
戦士に求められることも多く、
オートマッチングなどで
仕上げが甘いと悪い意味で
目立ってしまいます。

そんな戦士の仕上げ方ガイド。

<立ち回り>

壁をせず敵を背中から殴る前衛は
悪目立ちします。

壁を完璧にこなすことは
現実的ではありませんが、
戦士でありながら
壁の役割を放棄していると
本人に見えないチャットなどで
陰口をたたかれている
可能性があります(笑)

現実で考えると背中から攻撃することは
良い戦法なのですが、
DQ10でよろしくありません。

攻撃回数は減ってもよいので
壁を優先しましょう。
その方が勝率が上がるゲームです。

<取り扱い注意技>

たいあたり

慣れないうちは封印

これ自体は良い技ですが
連打してはいけません。

連打すると俗に「たいあたりマン」と
呼ばれ地雷扱いされます。

スタンでハメれるように
感じてしまいますが
成功後に14秒の耐性が
発生するのでハメれません。

また強敵には耐性持ちが多いため
無駄に終わることが多いです。
慣れないうちは封印しましょう。
攻撃したほうが良いです。

たいあたりが有効な状況は
敵の凶悪技を止めるときです。

悪魔の両手のアクアガイザー。

ドレアム/暴虐の悪夢の
グランドクロスと魔神の絶技。

真災厄/災いの神話の
魔蝕といてつくはどう。

なお凶悪でない技を止めたり
タゲ下がり中は厳禁です。
行動とターゲットが再抽選されて
凶悪技を誘発する場合があります。

有効な場面が判断できないうちは
封印しましょう。

ロストアタック

慣れないうちは
1段階のテンション下げで
安全を確保するための技だと
考えておきましょう。

怒り解除が有効なのは
死神スライダーク、震王ジュノーガあたり。
解除してもすぐ怒る敵や
怒り状態のほうが
対処しやすい相手も多いので
解除するかは相手を
調べてから決めましょう。

チャージタックル

たいあたりの上位版。
これは強力で連打できないので
戦士に慣れないうちは
チャージしたら使ってよいのですが、
ノックバック・スタンの成功率が高いので
凶悪技を止めるに使うと効率的。

ただし耐性の高い常闇などでは
封印しておきましょう。

かばう

慣れないうちは封印

そもそも、
あまり使う人がいませんが。
エンドコンテンツでは
後衛やメイヴでの石破壊者を
守るために有用ですが
かなり高等技です。

真やいばくだき

会心必中以上に戦士の必殺技。
戦士やヤリが他にいない場合は、
チャージするたびに使用。
(相手によって狙い時がある場合もあり)

戦士が二人以上いる場合は
先行を決め、
先行が失敗するか、成功して
余ダメージ低下が切れる30秒後に
後攻が真やいばくだきを狙います。

出来ればチャットの定型文に
「真やいば成功しました」
「真やいば失敗しました」
などを設定しておきましょう。


常闇のような、
タイマーが表示されるコンテンツでは
切れる秒数をPTチャットで
通知する高等技もあります。

例:
タイマー19:36秒に成功。
「06」
タイマー19:26秒に成功。
「56」

もう一人の戦士が
真やいばくだきを行うタイミングと
後衛の行動に影響します。

とはいえ回避が優先で、
これに気を取られて
死んでは意味がありません。
余裕があれば
実行する程度にしましょう。

やいばくだき

慣れないうちは封印

真やいばくだきで
低下が入りにくい相手には
こちらも入りません。

ただし真やいばくだきを
回避された場合は
こちらで低下を狙う手もあります。

有効な場面が判断できないうちは
封印しましょう。

ロストブレイク

慣れないうちは封印

仕上げた渾身斬りのほうが強い上に
激怒を解除しないほうが良い敵が多いです。
(これが有用な技だったら戦士強すぎともいう)

激怒解除が有効な相手は、
強ボスのハートボイルドとヘルバトラーのみ。
他の状況で激怒解除するのは悪手です。


またダメージの限界が9999なので、
踊り子の必殺やメイヴの石破壊等で
テンションが2段階以上になって
他に有効な消化技がないときは
これを使うこともあります。

片手剣の時(複数狙いの時はギガブレイク)。
両手剣で全身全霊斬りが
チャージしていない時。

会心必中

慣れないうちは封印

必殺技ですが、まずは封印しましょう。
ドラゴンガイアの完全ガードを突破するなど
有効な状況はなくはないのですが、
大概の状況ではモーションが長すぎて
危険の方が大きいです。

<武器>

オノは現状、不遇武器なため
(正確には仕上げが甘くても
 使える入門者武器)
オートマッチングで
戦士がオノを持っていると
地雷ではないかと
第一印象が少し悪いです。

戦士をメインで使うなら
早めにオノを卒業し
両手剣と片手剣&盾に
したいところです。

両手剣は炎属性の
フュリーブレードが強いです。
攻撃力錬金がよいです。

片手剣はアカシックソードが強いです。
会心率錬金が良いです。
(セイクリッド以上があるならそれでも良いです)

もっとも宝珠と属性ベルトがないと
オノのほうが強いので
その段階では大人しく
オノが良いです。
宝珠入っていない両手剣は
威力で目立ちます。

<防具>

現段階では鉄壁か大戦鬼。
最初はゼルメア産で良いですが、
徐々に切り替えましょう。

このあたりも参照
装備錬金なんにしよう? +3編
装備錬金なんにしよう? +2編

<両手剣の取り扱い>

基本的にはブレードガードをして
渾身斬りとぶんまわしで戦います。

慣れないうちはCT技は
チャージ次第出してOKです。

慣れてきた&他に両手剣がいる場合、
プラズマブレードのタイミングを
分けて先行が撃った炎属性低下の切れた
タイミングを狙うほうが良いです。

ドラゴンスラッシュと
フリーズブレードは
普段は封印でよいです。
(有効な状況はありますが)

<片手剣の取り扱い>

とにかく、はやぶさ斬り。
範囲攻撃はあまり強くないので
その場合は両手剣に持ち替えます。

CT技は順番に気を付けます
不死鳥天舞で会心率を上げてから
超はやぶさ斬りの順番です。

盾技はどれを使うか相手によりますが、
概ねアイギスの守りをチャージしたら
使う感じになります。

ぼうぎょとシールドアタックは封印。

<宝珠の探し方>

こちらを参照
初心者向け 宝珠の探し方ガイド

<必須宝珠>

真っ先に整えたい宝珠。
出来ればLv5にします。
このあたりを手に入れたら
オノを卒業しましょう。

光:真やいばくだきの技巧


戦士をやる上でのマナーに近い宝珠です。
手に入れる方法はいくつかありますが、
シュプリンガーの転生のアカツキショウグンか、
メギドロイド。
取るときはいつもリンクル地方の
アカツキショウグンを狙っています。

闇:渾身斬りの極意

メガトンチャンプと
キラーマシンの転生のタイプGから。
宝珠の香水があればメガトンチャンプ。
節約したいなら奇跡の香水で
タイプGを探しましょう。

闇:ぶんまわしの極意

真偽両方のナシームにいる
まおうのつかいを乱獲。

闇:はやぶさ斬りの極意

迅雷の丘のソードマカブルが
会心練磨も狙えて推奨。

Ver3に行っていないキャラなら
バトルレックスかシルバーマント。

<推奨宝珠>

あった方がよいもの。Lv4にはしましょう。

闇:プラズマブレードの極意

強力なので出来れば欲しいものの
入手が難しい宝珠です。
確実なのは災厄の王ですが、
そこまで進めるのが大変で
現状、メリットが少ないです。

Ver4.0に行けるならドラゴンソルジャー。
そうでないキャラは剣王ガルドリオン。
練習札でも宝珠は落とします。

闇:全身全霊斬り極意

メカバーンかエメラルドーン。
メカバーンは未だに危険なので
エメラルドーン推奨。

闇:ビッグバンの極意

ムストの町に行けるキャラならまおうのかげ。
エモノ呼びする場合は
即死、ブレス、幻惑、闇属性に
対策をしていないと危険。

ムストに行けない場合や、
まおうのかげに苦戦するなら
ボーンファイター転生のアスラ王。
場所はボロヌス溶岩流推奨。
(他は湧きが少ないか厄介なオマケがいる)

闇:超はやぶさ斬りの極意

生息場所が多く、
おたけびと天下無双を一緒に狙える
ずしおうまる推奨。
狙いやすいのは偽ワルド水源。

気まぐれな追撃も欲しい場合は
真アラハギーロのキングエレファント。
身体が大きくスタン技でハメられるので
エモノ呼びのしすぎに注意。

闇:不死鳥天舞の極意

Ver4バントリユ地方のバーサーカーか
Ver3フェザリアス山のエルダーフレイム。

どちらも行けないキャラは諦め。
そもそも行けないフェザリアス山に
行けないキャラの場合、重要度も低い。

闇:ギガブレイクの極意

試練でたまたま手に入ったら程度でOK。
狙う場合は風車の丘で
しにがみのきし転生のしろバラのきし。

光:真やいばくだきの極意

必須ではありません。
Lv3くらいまでで十分です。
グリンバングルを乱獲するか、
メガトンチャンプで渾身斬りと
一緒に狙うのが良いです。

他の属性

このあたりも参考。
(宝珠マジめんどくせー)


<ベルト>

戦神のベルトが理想ですが、
手に入れるのに時間がかかるため
最初のうちは輝石をつかいましょう。
良い戦神が出れば乗り換え。

ただし種族特攻を狙える相手の場合
そちらを優先します。

両手剣用

炎属性強化が最優先。
なければ雷属性、こうげき力で妥協。

片手剣用

かいしん率が最優先。
なければ、こうげき力で妥協。

<スキル>

本来は相手によって変えるものですが
ひとまず汎用的に。
レベルの問題でスキルポイントが
足りないうちは140まで。盾を再優先。

オノ

両手剣の宝珠とベルトの準備が整うまで。
160:装備時こうげき力
170:蒼天魔斬の強化
180:降魔紅蓮斬

両手剣

160:渾身斬りの強化
170:ぶんまわしの強化
180:プラズマブレード

片手剣

160:はやぶさ斬りの強化
170:装備時かいしん率
180:不死鳥天舞

160:会心完全ガード率
170:瀕死時○%でみかわし率30%アップ
180:アイギスの守り

ゆうかん

オノ、両手剣主体
160:ターン消費しない
170:みかわし率
180:被ダメージ軽減

片手剣主体

160:みかわし率
170:特技のダメージ強化
180:特技のかいしん率

<終わりに>

自分で書いててめんどくせw
と思いつつ。

戦士は強力な分、やる人も多く
求められるもののハードルが
高い状態なんですよね。
(とはいえ前衛の中では低いほう)

まぁ取り扱いの難しい職は
まだ色々ありますが。。。

前衛は色々大変なので
負担大きいと思ったら
最初のうちは補助職か
天地雷鳴士をお勧めします。

最初に育てると良い職(Ver4.0)


コメント

このブログの人気の投稿

聖守護者の闘戦記1撃破 天地雷鳴士(天戦2僧)

バトルロード入門 やみしばり育成

大魔獣イーギュア 天地キラパン僧ホイミン