邪神の宮殿 殆ど行かない向け解説

毎月10日と25日に更新される邪神の宮殿。

敵は強いし、お題は難しいし
避けている人は意外と多いようです。

そういう方向けの邪神の過ごし方。

<1獄だけ行く>

2と3はお題が難しいので、
1獄だけ行くことを考えます。

1獄は報酬が多いので
サブや慣れない人、使える職が少ない人は
それだけでも良いのです。

<職業>

慣れないと火力は少し難しいので、
天地雷鳴士か僧侶がよいです。

天地雷鳴士の場合、
カカロンを呼んで、チャージしたら幻魔開放。
片方をHPを減らさずに倒したい上に
MP回復の手段が少ない1獄では
攻撃を避けましょう。
すぐにMPが枯渇します。
幻惑が入る相手の場合、
花ふぶきで狙います。

僧侶の場合、
スティックで回復と蘇生と聖女まき。
自分のPTしか状態が見えないので、
周りのHP状況や死体の有無を
視点移動で見て回る必要もあります。

<装備>

出来れば最新装備が良いですが、
耐性が重要なので最悪は
きじゅつしセットでも。

お題によって耐性は変わりますが、
呪いが一番重要。
麻痺、封印、混乱あたりが
必要になりやすいです。

アクセサリはHPよりも
属性耐性や異常耐性を
中心に準備します。



コメント

Amazonアソシエイト

このブログの人気の投稿

職業評価・ポジション図

ちいさなメダル交換。優先度の高いもの

天地雷鳴士 初心者向け取り扱い講座1 準備編