システムエンジニア目線。キャラ乗っ取りの手口 ワンタイムパスワードは絶対に入れよう


<はじめに>

定期的に再掲載される、
これは絶対に入れましょう。

多少、手間はかかりますが、
受けられる恩恵が大きいものです。

<ID/パスワードだけは危険>

インターネットが普及しだして20年以上。
パスワード破りの方法は数多く開発されました。

・情報流出

ドラクエ10の場合、メインの破られ方は
これでないかと思います。

スクエニからの流出ではありません。
他のサイトから流出しても場合、
同じID/パスワードを流用していると
そのまま利用されて乗っ取られます。

Amazonなどは、かなり安全でしょうが、
規模の小さなサイトなどで
ID/パスワードを使った場合、
流出しているものと思っておきましょう。
(事実は別として)

このあたりマスコミは
個人情報流出などで
変な騒ぎを起こしがちですが、
情報セキュリティ関係者の間では
もう流出は防ぎようがない。
(リアル犯罪対策の場合、監視社会に近くなる)

ある程度は防御するが、
事故は発生するものの前提で
事故発生時に被害を押さえることが大事。
という趨勢になっています。

流出自体にも色々あるので
そこの詳細は割愛しますが、
流出を起こした企業が
杜撰なだけで起こるわけでなく、
完全に防ぐのが現実的でないから、
起こることです。

年金機構の個人情報流出も
色々思うところはありますが、
犯行の手口だけを見ると
巧妙過ぎて現場の人間は
騙されてしょうがないと
思ってしまいました。

そのためインターネットユーザは
企業に頼り切るのでなく、
自身で出来る防衛はするべき状態です。

ちなみにこれまで言われていた、
パスワードの定期変更は
悪影響の方が大きいというのが
最近のセキュリティ業界の見解であり、
総務省すら頻繁に変更しないようにという
通達を出してしまっています。

(外部リンク:日経新聞 電子版)

・類推/総当たり/辞書攻撃

誕生日やaaaaなど単純なパスワード、
dqxなどの意味のある文字を
機械的に打ち込みまくる手口です。

パスワードの流用をしていなくても
前述の流出と組み合わせで
使われる恐れもあります。

このあたりは幾らか対策の方法があるので
スクエニ側も恐らく
ある程度の対策を講じていると思いますが
完ぺきとはいかないので、
インターネットユーザの自己防衛も必要です。

<乗っ取られるとどうなる?>

換金できるものは全て換金され、
RMT業者の稼ぎになります。

Ver3や4の世界に進んでいる場合、
BOT狩りに利用される場合もあります。

運営に通報すれば完全ではないものの
救済してもらえるようです。

横道に逸れますが、システム屋感覚で考えると
RMTやると、まずバレるよなーと思います。
(調査時間との天秤でもあるけど)
周りにいないので実数はわかりませんが。

<ワンタイムパスワードとは>

通常のID/パスワードと同時に、
一時的なワンタイムパスワードを、
トークン(主にスマホがトークンになる)が
生成して入力する方法です。

ID/パスワード/ワンタイムパスワードの
全てを見られても不正アクセスされません。
(トークンそのものを盗まれなければ)
単純な方程式で考えると
ワンタイムパスワード見ると、
秘密の共通コードがバレるんでね?
という気になる人もいるかもしれませんが、
逆算できないような関数になっているようです。
(少なくともこの時点では)
数学不得意なので細かいことは知りませんが
そうなっているので仮にパスワードが流出しても
トークンを一緒に盗まれない限りは
安全な状態になるのです。

もっとも未来永劫、それで安全ではありません。
数学の発展で逆算方法が発見されたり、
コンピュータの処理速度の向上によって、
(超膨大な量の試算をこなせるようになると)
安全性が崩れる場合があります。

しかしまぁ、この世界は、
そのイタチごっこなので
インターネットの一般ユーザが
そこまで気にしてもしょうがないです。

ちなみに指紋などの生体認証は
まだまだ認識率とコスト的な問題があり
(一般ユーザ側の金銭負担も大きくなります)
ネトゲレベルでの実用化はまだまだ先でしょう。


なのでワンタイムパスワードが
まだの人は早く導入しましょう。

手間が少しかかりますが、
スマートフォンがあれば無料、
セキュリティトークンを買うと
1,000円程度で実施可能です。
推奨はスマートフォン(運営もそちら推奨)

ワンタイムパスワードを導入すると
毎日、20ジェム(20円相当)が
貰えるのが大きいです。

なのでドラクエ10を続けるつもりなら
ワンタイムパスワードを導入しましょう。

コメント

Amazonアソシエイト

このブログの人気の投稿

仲間モンスター 評価表

職業評価・ポジション図

初心者向け どうぐ使い取り扱いガイド(ver4.2)